八十八屋

 

商品カテゴリ

コンテンツ

FAX注文用紙

FAx注文用紙

adobe
松阪市ふるさと納税お申し込みはこちらから
ブログ一覧
HOME»  長井米生活農場 研修生のブログ»  だしまきたまごの続き

だしまきたまごの続き

こんにちわわだです

前々回で苗出しのはなしをしたのですが、今回の記事も”だしまきたまご”の続きです

さて、”だしまきたまご”の”だし”はわかったのですが、残りの”まきたまご”がまだでしたね

ここでヒント.....”まきたまご”は”まき”と”たまご”にわかれます

ではでは、”まき”とはいったい何でしょうか?

       ・

       ・

       ・

       ・

       ・

これはもうわかりましたよね

まき”は籾播のことです

籾播き3人1組で播種機を使ってします

①はじめに空の苗箱を15枚ぐらいセットすると、ベルトコンベアで1枚ずつ順番に苗箱が流れていき、培土が均等に敷かていきます

②次に水が撒かれて、そのまま苗箱が流れていき、種籾が播かれます

③そして覆土が敷かれて、最後に播種し終った苗箱を受取り、そのままパレットに載せます

速い速い!これは半日で何百枚も播けるぞ!

と思いきや、途中で苗箱がつっかかったり、土が固まっててなかなか出てこなかったりするのですが、機械はそのまま動き続けるので、それを直さないとちゃんと播くことができません

簡単そうに見えて、けっこう忙しかったです