八十八屋

 

商品カテゴリ

コンテンツ

FAX注文用紙

FAx注文用紙

adobe
松阪市ふるさと納税お申し込みはこちらから
ブログ一覧
2018年4月
2018年5月

お米の特徴
八十八屋(長井米生活農場)のお米の特徴

 2019年2月9日おにぎりとお米のお店「八十八屋」オープンいたしました
八十八屋2019年2月9日開店しました

道の駅飯高駅隣接地三角屋根のところ
八十八屋店舗

社長。笑顔で「いらっしゃいませ」
八十八屋で社長

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 
八十八屋営業中

松阪香肌産のお米
玄米(無料で精米いたします)・白米.
袋入りのコシヒカリ白米3㎏、5㎏他、モチ米2kg入りもございます。

八十八屋店舗内

八十八屋のおにぎり
ご注文いただいてから握ります。オーダーストップは4時となっております。
(写真。4時以降はこんな風に販売しております。)

八十八屋 おにぎり

黒米入りむすび
ミルキークイーンのモチモチ感と黒米のプチプチ感が美味しいです。

八十八屋 黒米入りむすび

櫛田川

こんにちわわだです

4月に入ってもなかなか気温が上がらず肌寒い日が続いたのですが、2週目に入ってからはそこそこ気温が上がってきました

ところで、この前から水中ポンプの調子が悪かったので、それを直しに櫛田川まで一緒に連れてってもらいました

川岸まで下りるのに、崖の急斜面に寝かされた長い丸太の上を渡っていきました

なんだか、すべり台をしているみたいでした

そして川岸に下りてみると、他では見たことのないぐらいキレイな水が流れていました

肝心の水中ポンプを水の中につけるために服を脱いで、ついに櫛田川に入りました

川の水がめちゃ冷たいと聞いていたのですが、実際に入ってみると1分間も中に居続けることができないぐらい冷たかったです

その上水中ポンプがめっちゃ重たい!

我ながら覚悟が足りませんでした

それにしてもキレイでした

みなさんも機会があれば寄ってみてください

あまりの美しさについ見とれてしまいますよ